小規模個別指導塾の選び方

小規模個別指導塾は実績が重要

小規模個別指導塾の選び方として重要なのが、ただ塾を経営しているだけで指導力がないというリスクを低減することです。個人で起業して個別指導塾を経営しているケースも多いため、小規模個別指導塾に通ってどれだけ学力が上がるかは塾の選び方次第で大きく変わります。どの位学力を伸ばす力があるのかを見極めるためには実績を確認するのが最も単純なやり方でしょう。受験指導をしているならどの学校に何人合格させた実績があるのか、その年に何人の生徒を教えていたのかという点を見てみると指導力の有無を判断できます。特に受験目的で利用するなら、その実績に志望校が含まれていると、適切なレベルの指導を受けられる可能性が高いと考えられます。

柔軟な対応力も評価すると良い

小規模個別指導塾はあまり厳しいルールに縛られることなく柔軟に対応してもらえるのが魅力です。ただ、塾によってその柔軟性の高さにも違いがあるので注意しましょう。授業時間の変更にいつも気軽に対応してくれる、授業の内容がわかりにくい場合には他の講師に交代してもらえる、予定していた内容とは違う授業を頼んでもやってもらえるなどといった対応例があります。このような要望にどのくらい柔軟に応じてくれるのかを予め聞いておきましょう。入塾前の面談で聞いておけば安心して申し込めます。何でも応じてくれるのがベストなのは確かですが、少なくとも希望している項目がある場合には、それに対応してくれる小規模個別指導塾を選ぶのが大切です。